カテゴリー
活動報告

ちびっこ相撲大会館山場所中止のお知らせ

2022年2月27日に予定されていた「第11回ちびっこ相撲大会館山場所」(以下、本大会)は、新型コロナウイルスの影響で中止となりました。

当NPOとしては、本大会への協力を予定しておりましたが、新型コロナウィルス感染拡大予防の観点から、本大会の中止についてその決定を尊重し、再開の際は改めて協力していく所存です。

カテゴリー
活動報告

2022年活動計画

以下を本年の活動計画として予定しています。

2月27日(日)第11回ちびっこ相撲館山場所への協力
4月17日(日)24日(日)
(いずれか一日)
館山どすこいクリーン作戦①
6月5日(日)6月12日(日)19日(日)
(いずれか一日)
館山どすこいクリーン作戦②
7月〜8月→10月10日〜11月30日クラウドファンディング予定実施
9月土俵整備設計
11月土俵施行開始、練習場施行開始
3月土俵、練習場 竣工
2023年以降
(詳細スケジュール調整中)
田植え体験
2022年(令和4年度)スケジュール表

カテゴリー
活動報告

2022年国体選抜に向けて

2021年国体選手して、畠山隼さんが選抜されました。畠山さんは館山第二中学校出身(現:拓殖大学紅陵高等学校3年生)です。残念ながら、2021年の国体は中止となりました。

安房地域で相撲の国体選手として選ばれたのは、1973年(昭和48年)千葉わかしお国体以来、実に48年ぶりのことです。もはや半世紀ぶり。

さて、畠山さんが相撲に興味をもったのは、館山市立の保育園で開催された相撲大会でした。元気な元気な男の子として成長。そして2014年大相撲館山巡業に観戦。大相撲に触れ、畠山さんは、相撲をしていきたい!という気持ちになりました。

地元館山には土俵がありません。畠山さんがいかに相撲をしていきたい!と思っても、相撲をできる環境がなかったのです。

その後、中学では柔道部に所属しながら、相撲ができる場所を探し続けてきました。当NPO法人の前身である、相撲クラブの技術指導やボランティアによる支援により、関東大会出場や全国選抜大会への出場を果たしました。

その後、拓大紅陵高校へ進学し、本格的に相撲に取り組むことになりました。

当NPOは、これからも畠山さんを、技術支援、ボランティア支援をしていきます。

カテゴリー
活動報告

阿武松部屋に新米をお届けしました。

阿武松の皆様。阿武咲関を初め、皆様お米が大好きですから、ニッコリです。

2021年10月14日 兼ねてより親交のある阿武松部屋へ、当NPO法人から新米をお届けいたしました。2022年は田植え体験活動の実施調査を進めていきます。

カテゴリー
活動報告

館山市長へNPO法人設立の挨拶

金丸館山市長への挨拶
右から、NPO法人代表 太田雅巳、NPO法人副代表 尾上高志、阿武松親方、館山市長 金丸謙一、館山大相撲愛好会 会長 本橋亮一(館山市議会議員)、千葉県議会議員 三沢さとし(県議会議員)、館山大相撲愛好会 副会長 太田浩(館山市議会議員)、館山スポーツ大使 田村(旧姓:前田)悦智子(76年モントリオール五輪女子バレーボール金メダリスト)、NPO法人 行政担当 土岐明美(いずれも、敬称略)

2021年7月下旬、館山市への法人設立挨拶において、館山市 金丸謙一市長、同市教育部スポーツ課・館山市教育委員会 出山教育長へ設立挨拶を行いました。

法人同席者として、三沢さとし県議会議員や館山市大相撲愛好会会長・副会長(本橋市議会議員・太田市議会議員)にご同席いただきました。

また、館山市スポーツ大使(東京2020オリパラ)田村悦智子氏(76年モントリオール五輪女子バレーボール金メダリスト)が、法人活動に参加して頂けることになりました!

引き続き、私たちの活動に応援いただければと思います。ご寄付はこちらまでお願いいたします。

館山に土俵と練習場を作ろうプロジェクトの現地を視察する、阿武松親方と尾上NPO副代表